ウチダザリガニを取って食べたときのお話。調理方法や食感など解説

ウチダザリガニを取って食べたときのお話。調理方法や食感など解説

こんにちは、tomyです。

実は僕、ゲテモノ料理が好きなんです。好きというかどんな味がするのか気になってしょうがないんですよね。

ある日YouTubeでザリガニを取って食べるという動画を見たときの話です。

ザリガニ自体エビっぽいし、その動画内でも美味しそうに食べるもんだから気になって気になって…

もうこれは食べるしかないってなって、家の周辺でザリガニが取れる所を調べ、実際に取ってきて食べたときのお話になります。

今回の食材「ウチダザリガニ」について

元々食用として、日本に入ってきた外来種になります。大きさはアメリカザリガニよりも大きく、現在日本各地に分布しています。

日本在来種ニホンザリガニの生息を脅かす存在です。

今回はそんなウチダザリガニを取ってきました。

Advertisement

ウチダザリガニ採取内容

やはりザリガニといえばスルメで釣りだ!と考え、ザリガニ採取の古典的な方法、ザリガニ釣りを行いました。

今回行った川は流れもそこそこで最初はいるか怪しかったのですが、川辺を歩いていると何匹か目撃。

これはイケると思い釣り糸を垂らしました。

ですが、待てどもなかなか現れません。

暇すぎたのでスルメは放置して、竿も待ってきていたので普通に釣りを開始。

ウグイを何匹か釣ります。ここでウグイって食べれるんかな?と思い立ち、調べます。

一応食べれるということで食べることを決意。

数時間後、スルメの様子を見に行くと、なんと一匹張り付いていました。

ウチダザリガニゲット!!!

そこで家に帰ることにしました。

なお、ウチダザリガニは生きたまま移動させることができないのでその場で締めました。

ウチダザリガニ料理!ついでにウグイも

ウチダザリガニは今回味噌汁にすることにしました。

ザリガニの出汁が効いた味噌汁…美味しそうです。

茹でていると次から次へと灰汁が出てきます。

これがきっと臭みの元だ!と思い、親の仇の如く捨てて行きますと、茹で汁がなかなかいい感じに…

ザリガニも真っ赤になりました。

ウチダザリガニは寄生虫も怖いので念入りに茹でました。ウチダザリガニは殻を剥いて、背ワタをとり、さらに茹でました。

ここで味噌を投入。

溶かしきってウチダザリガニのミソスープ完成です。

ウグイは普通に焼きました。

ウチダザリガニ実食

いざ実食です。

まずはお腹の部分。一口食べます。

その感想は…美味しい!!!!!

まさにエビでした。なんの臭みもありません。

これには川の水質も影響しているのか?

ちなみに川はかなり水質のきれいなところでした。

お腹は余裕で食べきります。

次にハサミの部分をほじくり出して食べてみます。

感想は…美味しい!!!!

ハサミはまさにカニです。

そうか…ザリガニはカニとエビを同時に楽しめるのか…と感動しつつほじり食べ、ほじり食べを繰り返します。

完食!!!!

ザリガニは最高でした。

では残りのウグイを…

食べます…ん?なんか…ん?

臭い…臭過ぎる…

てか不味い…

ウグイは最悪でした。もう口直しもできません。

ウグイは2度と食べないことを誓い、この日の夕食は終了です。

まとめ:ウチダザリガニを取って食べたときのお話。調理方法や食感など解説

・ザリガニはうまい!!味はエビとカニ!!

・ウグイは不味い!二度と食べません!!

ザリガニの味が気になる方、是非食べてみてください。

これはエビの代用になるのも納得の味です。

ゲテモノカテゴリの最新記事