上野男性専用カプセルホテル「ダンディ」に泊まりました!安くて快適!中の様子や予約方法について解説!

上野男性専用カプセルホテル「ダンディ」に泊まりました!安くて快適!中の様子や予約方法について解説!

今月上野に行った際に泊まったカプセルホテル「ダンディ」について紹介したいと思います。
実はもうすでに何回か行っております。

男性専用ということでアメニティや施設、料理も男性向けのものになっています。

僕はカプセルホテルの雰囲気がなんとなく好きなのですが、ここは男性向けに作られているためか特に気に入っています。

では以下よりその特徴を記載します。

Advertisement

カプセルホテル「ダンディ」とは

ダンディは上野にある男性専用のカプセルホテルになります。
名前からして男臭いですよね。

一泊2800円〜となっており、この近辺ではかなり安いほうだと思います。休憩のみに使うことも可能です。
利用している人は仕事で来ているサラリーマンの方や日雇いの労働者なんかが多い印象でした。

上野駅から徒歩10〜15分といったところです。3階から8階まであり、かなり広い作りになっています。

利用の流れ

パチンコ店に隣接しており、入り口が少しわかりにくいですが、エレベーターでフロントのある階まで行きます。
靴箱に靴をいれ鍵を持って受付まで行きます。鍵を渡して手続きをした後、ロッカーの鍵、バスタオルや館内着を渡されます。
これで手続き完了です。

部屋は4,5,8階のいずれかのはずなのでその階層までエレベーターもしくは階段を使って向かいます。
ロッカーが同じ階層にあるので貴重品は入れておきましょう。スーツケースなどは入らないのでロッカーの上に載せてる人が多かったです。
あとは他と変わりません。

以前はスタンプカードがあり、宿泊手続きの際にスタンプを押してもらい、10個貯まると1泊無料でしたが、現在は廃止になったようです。
それまで貯めていたスタンプは1個につき館内で使える300円分の利用券に交換できます。
僕は7個溜まっていたの2100円分でした。すべて館内のレストランで消費しました。

カプセル内装

カプセル内装は男性用に作られているためか、そこそこ広いです。
カプセル一つに付き1台ずつテレビがあり、自由に見ることができますが、8階のカプセル以外はヘッドホンが使えないので音量に注意しましょう。

コンセントは一つです。
他には鏡と目覚まし時計が付いています。

テレビではムフフな番組も

さすがは男性用というべきか、ムフフな動画がテレビでは無料で見ることができます。

ちなみにテンガも館内で販売されています。

たまに買われてるので利用している人もいるようです。

大浴場が広く快適!サウナもあり!

大浴場についてですが、脱衣場・浴場ともに広い作りになっています。なんと露天風呂もあります。

二階はアカスリのコーナーになっています
脱衣場には爪を切るスペースもあります。ドライヤーも完備。浴場ではシャンプー、ボディソープ、シェービングフォームなどは完備されており、夏にはメンソール入りのシャンプーも登場します。

サウナもあり、水風呂もあります。サウナの温度はそこまで高くないので、水風呂に入りたい方はかなり長い時間入る必要がありそうです。

テレビがついているので退屈はしないと思います。

 

食事もできる!

6階のレストランでは食事が可能です。男性専用ですので、量も少し多く、コスパが良いように感じました。

もちろん持ち込みも可能ですので近くのコンビニで買って持ってくることもできます。

24時間営業でアルコールもメニューにあるので晩酌にも使えます。

 

マッサージなどのボディケアも可能!

大浴場のある7階にはマッサージを行う場所もあります。

おそらく韓国人だと思うのですが女性の方による施術でかなりの人がそこを利用しているように感じます。

値段は以下の画像を参考にしてみてください。

 

カプセルホテルダンディの予約方法

楽天などの予約サイトで予約するとよいでしょう。

以下にそれぞれの予約サイトのリンクを貼っておきます。好きなサイトで予約してください。

じゃらんでダンディを予約する

Booking.comでダンディを予約する

楽天トラベルでダンディを予約する

早めの予約だとかなり安くなるので、旅行の日程が決まっているのならすぐに予約したほうがよさそうです。

 

まとめ:上野男性専用カプセルホテル「ダンディ」に泊まりました!安くて快適!中の様子や予約方法について解説!

・ダンディは上野にある男性専用のカプセルホテルで休憩にも使うことができ、安い!

・男性であれば居心地はいいはず

・立地もそれなりに良い

以上になります。

 

追記

どうやらダンディは閉業になってしまったようです。

かなり使っていたので残念です。

 

 

旅行カテゴリの最新記事